お金を返さないのは詐欺になる?

2016-07-06

 お金を貸したけどかえってこない。そんな状態になると、お金を貸した側としては、そもそもお金を借りるといっていたのが詐欺ではないか、そういう気持ちになってしまうものです。では、お金を借りて返さない場合には、詐欺になってしまうのでしょうか。

 詐欺は、嘘をついて財物(お金)を交付させることで成立します。ですから、お金を借りるときに、本当に借りるつもりで、返すつもりであったのであれば、詐欺にはなりません。ただ、返すつもりもなく、返す能力もないのに、借りるといってお金を交付させた場合には、やはり詐欺になってしまいます。
 実際に返すつもりがあったかどうかは、主観の問題のようですが、実際には、様々な周辺的事情から判断されます。例えば、お金を借りたほうの経済状態がどうだったのか、収入はどうだったのか、返済の見込みは客観的に見てどうだったのか、などといった事情です。
 お金を借りた側が「返すつもりだった」と主張した場合、こういった様々な事情から、検察官が「返すつもりではなかった」ことを証明できるかどうかで、詐欺罪として立件されるかの明暗が分かれます。

 詐欺のつもりはないのに、お金を貸した人から詐欺だといわれ警察から疑われている、そんなお悩みでお困りの方は、当事務所までご相談ください。

Copyright(c) 2014 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.