ケンカになり傷害で逮捕されたら 不起訴事例

2015-06-04

ケンカになって相手にけがをさせてしまい逮捕された。
当事務所でも多くご相談を受け,弁護士として活動している事案です。
本日は,当事務所の弁護士が活動して不起訴となり,処罰されずに釈放された事案についてご紹介致します。

事案は,居酒屋で飲食をしていたところ,相手と同伴者がトラブルになって暴力を振るわれたりしたことから,ご依頼者が相手に暴力を振るったところけがをさせてしまい,逮捕されたというものでした。
相手も同伴者にけがをさせたことで,双方とも逮捕されていました。

当事務所の弁護士がご依頼を受け,相手が逮捕されている警察署まで面会に行きました。
そして,双方が互いに謝罪をし,また双方が互いに損害賠償請求も行わないものとして,示談書を交わしました。
また,処分を決める検察官には,示談が成立していることの他,先に相手が同伴者に暴力を振るうなどして落ち度があり,ご依頼者は同伴者を守るために暴行を行ったものであることを主張し,不起訴処分を求めました。

その結果,ご依頼者は不起訴処分となって処罰されずに釈放されました。

当事務所では,このようにケンカになってけがを負わせた事例をはじめ,不起訴処分や早期釈放のために様々な活動を行っております。
傷害で逮捕された方,そのご家族の方,当事務所までご相談下さい。

 

Copyright(c) 2014 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.