万引き(窃盗)で逮捕されたら 不起訴・釈放事例

2015-04-06

当事務所の弁護士が担当した中で、万引き(窃盗)で逮捕されたご依頼者が不起訴となって処罰されず、釈放された事例についてご紹介します。

事案は、コンビニでの万引きです。

ご依頼者は過去にも何度も万引きを繰り返されていて、警察に逮捕されるのも初めてではありませんでした。

万引きを繰り返されると、罰金刑や懲役刑という処分の可能性が高まっていきます。

そこで、直ちに万引きをしたコンビニに伺って、謝罪をすると共に、被害弁償をさせていただいた結果、示談を成立させていただきました。

ご依頼者の処分としては,不起訴処分となって処罰されることはなくなり,釈放されました。

 

窃盗のように、金銭の被害が生じた事案では、示談の成立が非常に重要になります。

ご依頼者が身体拘束をされている状況では、被害者の方との早期の交渉のためにも弁護人選任の必要性が強くなります。

当事務所では、窃盗事件のように早期の被害弁償が重要となる事件もこれまで多く担当してきました。

比較的簡易な事件も、困難な事件も、東京ディフェンダー法律事務所までお任せください。

Copyright(c) 2014 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.