不起訴になったか知りたい

2016-12-06

「謝罪して示談が成立したけど自分の処分はどうなったんだろう」
「やっていないことで疑われて取調べを受けていたけど、その後、検察官から連絡がない」
そんな心配をされる方からお電話で問い合わせをいただくことがあります。

不起訴になった場合、つまり正式な裁判にしたり、罰金にしたりという処分にはしないという結論になった場合でも、自動的に検察官から「不起訴になりましたよ」という書類が届くわけではありません。
弁護士に弁護を依頼されていた場合は、少なくとも弁護士から検察官に対して処分結果を口頭で確認するでしょう。
ただ、それだけでは本当に不起訴になったか心配だという方もいらっしゃると思います。
あるいは、勤務先から「不起訴になったという証拠を紙で出すように」と指示されたという方もいらっしゃいます。

そういうとき、検察官に請求すれば、「不起訴処分告知書」という書類をもらうことができます(刑事訴訟法259条)。
手続きはとても簡単なものです。
「弁護士が不起訴処分告知書を取得していないけど欲しい」という場合には弁護士に確認してみてください。

刑事の手続についてご不安・ご不明な点がある方、東京ディフェンダー法律事務所までご相談ください。

Copyright(c) 2014 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.