交通事故を起こしたら

2017-07-28

 自動車を運転していて交通事故を起こした場合,免許の点数などの行政処分の他に,刑事処分を受ける可能性があります。
 
 刑事処分としては,罰金で済む場合から,起訴され刑事裁判が開かれる場合まで様々です。
 過失の態様,被害者が負った怪我の程度(もしくは死亡したか),それまでの交通違反歴などによることになります。
 過失の態様とは,単なる運転操作上のミスから,赤信号無視,高速度運転,飲酒運転などの悪質な場合まで様々あります。
 また,単純な自動車運転過失致死傷罪ではなく,特殊な類型として危険運転致死傷罪というものもあります。

 刑事処分を受ける場合においても,逮捕されてしまうケースと,在宅のまま行われるケースがあります。
 これも,過失の態様や被害の程度,そしてひき逃げかどうかなどによって変わってきます。

 処分の見通しですが,相手の怪我が重くない場合で初犯の場合などは罰金で済むことも珍しくありませんが,相手が重大な怪我を負った場合や死亡してしまった場合などは,刑事裁判となり実刑判決となることも多いです。
 危険運転致死罪で有罪となれば,かなり長期の実刑となるでしょう。

当事務所は交通事故を起こした人の刑事事件も多数扱っています。刑事事件についてご相談の方は,東京ディフェンダー法律事務所までお問い合わせ下さい。

Copyright(c) 2014 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.