傷害事件での弁護士ご依頼・ご相談  示談

2014-11-24
 傷害事件で逮捕されてしまった方、逮捕されていないけれども警察に呼び出しを受けている方、一刻も早く弁護士をご依頼ください。

 ここでは、傷害事件を実際に起こしてしまった方を想定します。
 
 傷害事件は、被害者がいる犯罪です。怪我の重さにもよりますが、刑事処分としては、起訴猶予(不起訴)、略式罰金処分(お金を納めて事件終了)、起訴(裁判になる)など、幅広い処分が考えられます。
 この、幅広い刑事処分の中で、より軽い刑事処分を獲得するために重要なのは、被害者との間で行う示談です。被害者に対して損害賠償を行い、当事者の間で事件を解決することをいいます。 
 示談が成立していれば、もちろん事案によりますが、罰金処分や不起訴処分で終了する可能性が高くなります。
 裁判になってしまっている場合でも、執行猶予の判決が獲得できる可能性が高まります。
 
 傷害事件で逮捕されてしまった方、逮捕されていないけれども警察に呼び出されてしまっている方などは、お早目にご相談ください。
 弁護人に選任された場合には、早急に示談の交渉に着手します。

    

Copyright(c) 2014 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.