傷害致死で逮捕された 不起訴・釈放の弁護活動

2015-05-29

傷害致死で逮捕された。
当事務所は,こうした傷害致死,あるいは殺人で逮捕された事件についても,多くご相談を受けて弁護士として活動しています。
今日は,当事務所の弁護士が活動し,傷害致死で逮捕されたご依頼者が釈放され不起訴処分になった事案についてご紹介します。

相手の方とトラブルになってもみ合いになるなどしたところ,相手の方が倒れその後に亡くなったという事案でした。
相手の方が亡くなったことでご依頼者は傷害致死の疑いで逮捕されました。
傷害致死の罪は,裁判員裁判の対象となる犯罪です。
このため傷害致死で起訴されて裁判を受けることになった場合は,裁判員裁判で審理がなされることになります。

ご依頼者は,相手の方に対してけがを負わせるような暴力は一切振るっていませんでした。
相手の方は持病があった方で,もともとの病気により倒れてその後亡くなった疑いがありました。
しかし,ご依頼者を取り調べる警察,検察は,相手の方が亡くなる原因となるような暴行などがあったのではないかと追及してきます。
記憶にないことでも追及されるあまり,そうかも知れないなどの内容でも供述調書が作成されれば,その供述内容を争うのは困難となり,傷害致死で有罪となりかねません。
こうした取調べに対する弁護士の活動として,ご依頼者の記憶と異なる内容の供述調書が作成されないよう連日接見を行いました。

その結果,ご依頼者は釈放され,不起訴処分となって処罰を受けることはなくなりました。

当事務所の弁護士は,傷害致死や殺人といった事件で逮捕された事案についても多くご相談を受け,弁護士として活動しております。
傷害致死や殺人などの事件で逮捕された方,そのご家族の方は,当事務所までご相談下さい。

 

Copyright(c) 2014 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.