公然わいせつで逮捕 前科ある場合の早期釈放の弁護

2015-12-17

公然わいせつなどの性犯罪で逮捕されてしまった。過去にも処罰を受けた前科がある。
東京ディフェンダー法律事務所で多くご相談を受け弁護士として活動している事案です。
今日は,公然わいせつで逮捕され前科がある方について,当事務所の弁護士が活動し早期に釈放され,家族のもとに戻り仕事に復帰できた事案についてご紹介致します。

公共の場所において下半身を露出などし公然わいせつで逮捕された事案でした。
過去にも公然わいせつで処罰された前科がありました。
逮捕の後,勾留というさらに10日間の拘束を行って取調べ等の捜査を行うのか,検察官が判断します。
弁護士からは,ご本人が深く反省していること,家族も犯行を繰り返さないよう支援していくこと,そして特に早く仕事に復帰しなければならないこと等を資料とともに主張しました。

その結果,逮捕後の勾留はされずに釈放され,家族のもとに戻り仕事に復帰することができました。
また,釈放後,さらにご本人が反省を深め,家族も犯行を繰り返すことがないよう一層の監督と支援を強めていること等を資料とともに主張しました。
その結果,罰金刑となり,法廷での正式裁判を受けて懲役刑を求められることまでは免れました。

東京ディフェンダー法律事務所では公然わいせつをはじめ性犯罪で逮捕された方について,一日も早く家族や仕事に戻れるよう様々な弁護活動を行っています。
性犯罪で逮捕されてしまった方,そのご家族の方は当事務所までご相談下さい。

 

Copyright(c) 2014 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.