再逮捕とは

2017-01-25

 ニュースなどで「再逮捕」という言葉が使われることがあります。
 ニュースなどでは,逮捕されていた人がさらに別件で逮捕されることを再逮捕と言っています。つまり,Aという罪で捕まっていた人が,Bという罪で捕まった場合に,「再逮捕されました」という言葉の使い方をしています。
 このような「再逮捕」は,複数の事件を疑われている容疑者にとっては,珍しいことではありません。

 一方で,刑事訴訟法の法学上「再逮捕」という場合には,ニュースと同じ使い方はしないのが通常です。法学上では,「再逮捕」という場合には,同じ事件で再び逮捕されることを言います。つまり,Aという罪で捕まっていた人が,何らかの理由で釈放されたあと,再度,Aという罪で再び逮捕されることを指します。刑事訴訟法上は,このような再度の逮捕ができることを前提とした規定があり,実際に,再逮捕に関する実例もあります。

 では,普段わたしたち法律家がどういう使い方をしているかというと,実はニュースで耳にする言葉と同じ使い方をしています。法学上での「再逮捕」,つまり同じ罪で再び逮捕されるということは,とても例外的なことなのです。普通の事件ではほぼないといってもよいでしょう。なので,法律家である私たち弁護士も,ニュースと同じような使い方をすることが多いのです。

Copyright(c) 2014 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.