刑事事件 加害者の法律相談

2014-11-15

 当事務所は刑事事件,刑事弁護を専門にしています。

 それは加害者側の弁護をすることです。
 なぜ加害者の弁護をするのかと聞かれることがありますが,弁護士の仕事の中でも刑事弁護は最も重要な職責の一つです。
 刑事事件の加害者となると,捜査機関の捜査の対象となり,取調べを受けることもあります。逮捕,勾留され,刑事裁判となると長期の身体拘束を余儀なくされたり,有罪となれば刑務所に服役し,あるいは最高で死刑判決まで存在しています。
 このように,ひとたび加害者とされれば,強大な国家権力によってその人の人権がときに踏みにじられることになります。

 加害者とされている人でも,本当はやっていないかもしれない,悪いことをしたとしてもそのようなことをしてしまったのには深いワケがある。様々な理由からその人の言い分をきちんと聞いてあげる人が必要です。それが弁護士の仕事なのです。
 私たちはプロの刑事弁護人として,加害者とされている人の方のために活動します。

 日常生活を送っていると,思いがけず加害者の立場になってしまうことがあります。
 自分が逮捕されてしまうのか,逮捕されたどうなるのか,不安を持っている方は当事務所にご相談ください。
 逮捕される前でも弁護人を選任し活動することによって,逮捕を防ぐことができる場合もあります。
 また既にご家族,知人が逮捕されてしまったという場合も少しでも早く弁護士をつけて活動することが重要です。

Copyright(c) 2014 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.