刑事事件の弁護士費用と分割払い

2014-11-23

 弁護士費用でお悩みの方へ。
 弁護士費用は決して安いものではありません。当事務所でも,依頼者のために最善の弁護活動を提供するための弁護士費用を設定しています。
  http://www.t-defender.jp/fee/

 弁護士費用は大きく着手金と報酬金に分けられます。
 着手金は弁護士がその事件の活動をはじめるにあたって,契約と同時に頂くお金です。報酬は,その事件に応じた成果によって事件終了後にお支払い頂くお金です。
 着手金も報酬金も,その事件の大小,難易度によって変わってきます。
 
 お金がない場合には,一定の場合国選弁護人を選任することができます。
 (ただし国選弁護人の場合も10万円前後の支払いを求められる場合があります)

 ただし,国選弁護人の場合は,特定の弁護士を選ぶことができません。残念ながら熱心に活動しない国選弁護人がいるのが実情で,どの弁護士が選ばれるかは運次第です。
 また,国選弁護人は逮捕直後はつけることができません。捜査段階は1日でも早く弁護士を選任して活動することが早期に釈放するために重要です。
 
 私選を選任したいけれどもまとまったお金がない,という方のために,当事務所では,場合によって分割支払いでもお引き受けしています。
 事案や依頼者,ご家族のご職業等に応じて分割が可能か,分割金がいくらかも変わってきますので,とりあえずはご相談ください。

Copyright(c) 2014 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.