刑事事件の弁護活動 初回接見の重要性

2015-02-19

 刑事事件で逮捕された場合の弁護活動で最も重要なことは,初めての接見です。逮捕されるとすぐに取調べが始まります。
 取調べとは,警察や検察官が中立的な立場から言い分を聞いてくれるというものではありません。逮捕した人が犯人ではないかと疑いを持ち,刑事処分を科すために行われるものです。中には犯人と決めつけて強引な取調べが行われるケースも珍しくありません。
 
 取調べが行われると供述調書という書類が作成されます。これは取調べをもとに,警察か検察官が作成します。それを逮捕された人に読んで聞かせるなどして署名させます。そうするとその供述調書は逮捕された人が話した内容であるということになってしまいます。警察や検察は逮捕された人の言葉のニュアンスを替えたり,言っていないことを書いたり,あるいは言ったことを書かなかったりします。この供述調書を作成するかどうか,どのように書かれてしまうかは,起訴するかどうか,あるいは刑事裁判の場においてもとても重要な意味を持ちます。
 

 しかし,多くの逮捕された人は,刑事事件の経験がないのが通常ですから,どのように話していいか,供述調書を作成して良いかを冷静に,正確に判断することはできません。ここに刑事事件に精通した弁護士のアドバイスが重要となるわけです。
逮捕されてしまった場合には,少しでも早く弁護士と接見することをお勧めします。
 
 私たちの事務所ではとにかく初回の接見を重要視しており,早期に接見すること,依頼者に的確に取調べへのアドバイスるをすることを心がけています。

 

Copyright(c) 2014 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.