刑事弁護セミナー(司法試験受験生・法科大学院生向け)のご報告

2018-07-11

昨日,東京ディフェンダー法律事務所の主催で刑事弁護のセミナーを行いました。
これから弁護士になろうとする司法試験受験生,法科大学院生向けに,刑事事件の弁護活動の魅力ややりがいを知ってもらおうと企画しました。

電車内での痴漢行為を行ったと疑われ逮捕されてしまった冤罪事件の記録を題材に,どのような方針で弁護活動を行うべきかを考えてもらいました。
実際に刑事事件の弁護を担当する弁護士が行うのと同様に,参加者の方に不利な事実,有利な事実をピックアップしてもらい,不利な事実をどのように克服するのか考えてもらいました。

そして,不利な証言をする検察官側の証人に対して,どのような反対尋問をすべきか,参加者の方に実演をしてもらいました。
これに対して,当事務所の弁護士からどのような尋問をすべきであったか講評を行いました。

参加者の方々からは,具体的な事案で刑事弁護の弁護活動が学べて勉強になった,面白かった,刑事弁護の面白さの一端を感じた,興味深かったと等との感想を頂き好評でした。

東京ディフェンダー法律事務所では,今後も刑事事件の弁護活動の魅力ややりがいを知って頂けるようセミナーを企画したいと考えています。

Copyright(c) 2014 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.