前科があって暴行で逮捕されたら 早期釈放・不起訴事例

2015-07-31

暴行,傷害で逮捕された。過去にも同じような前科がある。
当事務所でも多くご相談を受け弁護士として活動している事案内容です。
今日は,当事務所の弁護士が活動して,早期に釈放され不起訴処分となって刑罰を科せられなかった事例についてご紹介します。

お酒に酔っていて相手とトラブルになり,暴力を振るって現行犯逮捕された事案でした。
ご依頼者は過去にも同じようにお酒に酔って暴力を振るいけがをさせ,逮捕されて刑罰を受けた前科がある方でした。

逮捕された後,検察官がさらに拘束が必要とし裁判所もこれを認めれば,勾留という最大20日間の拘束が続くことになります。
当事務所の弁護士は,逮捕翌日にご依頼を受けました。
すぐに被害者の方と連絡を取り,翌日に被害弁償をする示談を成立させ,被害届は取り下げるとの書面を作成してもらい,検察官に提出しました。

その結果,検察官は勾留を求めず,ご依頼者はその日に釈放され家族の下に戻ることができました。
また,不起訴処分となって刑罰を科されることはなくなりました。

当事務所では,逮捕された方が早期に釈放されるようこれまで多くの弁護活動を行ってきました。
前科があって逮捕された方,そのご家族の方は,当事務所までご相談下さい。

 

Copyright(c) 2014 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.