危険ドラッグ輸入 薬機法違反 略式処分事例の紹介

2017-11-01

 当事務所の担当した事件のご紹介です。
 事案は、危険ドラッグを個人で輸入したという、薬機法違反、関税法違反の事案でした。海外からの荷物の中にいわゆる「ラッシュ」といわれるような薬物が入っていたのを税関が発見し、立件された事案でした。
 依頼人の家に、突然警察による捜索が入ったことをきっかけに、当事務所にご相談いただきました。
 当該事案は、輸入といっても、あくまで個人的な目的による輸入事案でした。自宅からは特に薬物の類は発見されず、薬物に対する親和性もない方でした。そこで、まず本件が軽微な事案で逮捕の必要性がないことを弁護人を通じて捜査機関に伝えました。
 依頼人は逮捕されることなく事件はそのまま進行しました。
 その後、検察官に対し、事件を正式裁判にしないよう求める意見を述べ、略式罰金の処分で事件は終了しました。

Copyright(c) 2014 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.