少年の逆送とは

2018-08-22

少年事件では,原則的にすべての事件が検察庁から家庭裁判所に送られることになりますので,少年の身体が拘束されていない場合も,事件は家庭裁判所に送られます。

逆送とは、家庭裁判所の審判で、刑事処分が相当であると判断され、事件が家庭裁判所から検察官に戻されて送致されることを言います。

たとえば、殺人事件や傷害致死のように被害者が亡くなってしまうような重大な犯罪の場合にこの手続きが行われます。
特に、事件を起こしたときに、16歳以上の少年で、故意の犯罪行為により被害者を死亡させたという事件については、原則として逆送とされています(少年法20条2項)。

殺人事件等は、起訴されたら、裁判員裁判となります。
そうすると、少年であっても、殺人等の重い罪で逮捕された場合には、成人と同様、将来の裁判員裁判を見据えて弁護活動を行う必要があります。

ご家族の少年が重たい事件を起こしたと疑われている方、東京ディフェンダー法律事務所までご相談ください。

Copyright(c) 2014 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.