山形県弁護士会で研修講師をつとめました

2017-02-06

2月4日、5日の2日間にわたり、当事務所の久保有希子弁護士が、山形県弁護士会で、法廷弁護技術の研修講師をつとめさせていただきました。

このコラムでも何度も紹介させていただいていますが、法廷弁護技術は、法廷でいかにわかりやすく質問を行い、いかにわかりやすく弁論をするか、という弁護の技術です。
裁判員裁判をふくむあらゆる刑事事件において必要な技術です。

日弁連では、各地の弁護士会から依頼をいただいた際、講師を派遣し、この法廷弁護技術に関する研修を実施しています。
研修は、模擬記録を題材に事前に尋問事項や弁論などを考えてきていただき、研修の場で実演していただくという形式で行われます。
それに対して講師から一人一人にその場でコメントをさせていただきます。

当事務所の弁護士もそれぞれ法廷弁護技術研修の講師をつとめさせていただいています。

研修講師をつとめる際には
・その場で受講生に対してコメントすべきポイントを分析し、
・それを分かりやすく説明する
ということが必要になります。

そのため私達自身にとっても重要な研鑽の場になります。
今後も東京ディフェンダー法律事務所では、法廷弁護技術研修等の研修講師を積極的にお引き受けし、法廷弁護技術の普及や自身の研鑽につとめたいと思います。

Copyright(c) 2014 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.