弁護士費用モデルケース 否認事件の公判弁護の場合

事例:身に覚えのない痴漢事件で起訴され,裁判の弁護を依頼した。裁判は5回にわたり行われ,無罪判決で終了した。

弁護士費用:着手金 50万円+税

      無罪報酬 50万円+税

      公判日当 0円 ※1

      合計  100万円+税

※1 裁判が何回行われても,その都度日当をいただくことはしません。

※2 このほか,コピー代等の実費が数万円程度かかる場合があります。

※3 無罪判決の場合,後から,弁護士費用の一部を国に請求することができる場合があります。

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2014 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.