弁護士費用モデルケース 捜査弁護のみの場合

事例:傷害事件で逮捕され,捜査弁護を依頼した。弁護士が2回依頼人に接見した。検察官の勾留請求が却下され,2日後に釈放された。その後,被害者と示談が成立し,不起訴処分となった。

弁護士費用:着手金 30万円+税

      不起訴報酬 30万円+税

      接見費用 0円  ※1

      身体拘束解放の報酬 0円 ※2

      示談活動の着手金 0円 ※1 

      示談成立の報酬  0円 ※2

      合計 60万円+税

※1 接見その他弁護活動に個別の着手金は必要ありません。事件の最初の着手金をいただければ,必要な弁護活動はすべて行います。 

※2 身体拘束の解放や,示談成立について,別途報酬をいただきません。

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2014 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.