暴行事件で不起訴

2016-10-18

当事務所の弁護士が担当した暴行事件不起訴処分となった事例について報告させていただきます。

事案は男性が元交際女性に暴力をふるったというもので、過去にも同様の行為をしたと疑われているというものでした。
受任した時点では、検察官は起訴の方向で考えているということでした。
そこで、相手の女性と示談交渉を行い、最終的には示談が成立し、その結果、不起訴となりました。

起訴されるかどうかのギリギリの事件では、被害者の方がいる場合、被害者との示談交渉が決定的な意味を持つことがあります。

人に暴力をふるってしまったという方、示談の交渉を弁護士に依頼したいという方、東京ディフェンダー法律事務所までご相談ください。

Copyright(c) 2014 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.