東京弁護士会 新人研修の講師を担当しました

2017-03-29

 東京弁護士会では、1年目の新人弁護士向けに刑事弁護の基本を教える研修を実施しています。
 研修は少人数のゼミ形式で、一つの事例をもとに逮捕直後から裁判までの一通りの弁護活動の基本を新人に伝えます。 
 刑事弁護は、弁護士であればだれでもできるわけではなく、新人として弁護士登録をし、普段刑事事件に触れない弁護士は、なかなか刑事弁護の技術を向上させにくい環境にあります。そこで、新人弁護士向けの研修の講師として担当した弁護士が、新人の刑事弁護に関する相談などを随時受けるということにしています。
 当事務所からは、坂根、藤原、山本の各弁護士が東京弁護士会の新人研修の講師としてゼミを担当しました。
 当事務所は、刑事弁護の最先端を担っていく法律事務所として、後進の育成にも積極的にかかわっていきます。

Copyright(c) 2014 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.