殺人等の重大な事件の弁護

2016-12-09

弊所の弁護士が担当した殺人等の事件の報告をさせていただきます。

事案はお一人を殺害した上、他にも複数名に対して殺人未遂行為を行ってしまったというものでした。
殺人事件は、裁判員裁判の対象事件です。
結論は、検察官の無期懲役の求刑に対し、懲役28年という判決となりました。

検察官は主に被告人にとって不利な事情を主張立証するのが役割です。
それに対して、依頼者にとって考慮されるべき有利な事情が適切に考慮されるように最善を尽くすのが弁護人の役割です。
殺人等の重大な事件を起こしてはいけないのは当然のことですが、両方の事情がしっかりと考慮されてはじめて公平な判決となります。

東京ディフェンダー法律事務所は、殺人事件のような重大とされる事件も、最善を尽くします。
重たい事件を起こしてしまった方、そのご家族の方、東京ディフェンダー法律事務所までご相談ください。

Copyright(c) 2014 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.