無実の恐喝事件で逮捕されたら 不起訴の弁護活動

2016-05-18

関与していない無実の事件で逮捕されてしまった。
東京ディフェンダー法律事務所では,そのような無実なのに逮捕された方についてご相談を受け様々な弁護活動を行っています。
今日は,無実の恐喝事件で逮捕された方について,当事務所の弁護士が活動し不起訴処分となって処罰を免れた事案についてご紹介します。

共犯者と共謀し被害者を脅して金品を奪ったと疑われ,逮捕された事案でした。
共犯者とされる者と被疑者とは金銭トラブルがあり,実際に脅して金品を奪うという事件自体はあったようでした。
しかし,ご依頼者は,このような恐喝を共謀したり,金品を奪ったりはしていませんでした。
トラブルの場に一時居合わせたことから,恐喝の共謀を疑われてしまった事件でした。

逮捕され,ご依頼者は取調べで恐喝の共謀を疑われ追及されました。
弁護士は,ご依頼者が追及に屈して事実と異なる供述をしたり,供述調書の作成に応じないよう,連日接見をして助言を行いました。
そして,共犯者とされる者や被害者とは従前面識がないことからも共謀をしていないこと,実際にご依頼者は何も利益を得たりしていないこと等を指摘し,不起訴を求めました。
その結果,不起訴処分となって無実の罪で処罰されることはなくなりました。

Copyright(c) 2014 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.