無実の覚せい剤所持で逮捕 不起訴の弁護活動

2016-03-03

無実なのに覚せい剤を所持したとして逮捕された。
東京ディフェンダー法律事務所では,こうした覚せい剤などの薬物事犯や,無実の罪で逮捕された事件について,多くご相談を受け弁護活動を行っています。
今日は,当事務所の弁護士が活動し,無実の覚せい剤所持で逮捕された事件について,不起訴処分となって冤罪での処罰を免れた事例についてご紹介致します。

事案は,ご依頼者が覚せい剤を入手し,知人に譲り渡して一緒に所持をしていたという疑いで逮捕されたというものでした。
こうした事実はなくご依頼者は無実なのに逮捕されてしまった事案でした。
一緒に所持していたという知人は,覚せい剤の本当の入手先を隠すため,当時,関係がよくなかったご依頼者から譲り受けたなどと警察,検察に嘘の話しをしたことが推測されました。

ご依頼者に警察,検察が取調べで追及するのに対し,弁護士は無実の罪を認めてしまわないよう,連日,警察署に接見をし,取調べに対する対応を助言しました。
また,検察に対して,ご依頼者は事実無根であり不当な取調べをしないよう申し入れを行いました。
その結果,ご依頼者は不起訴処分となって,無実の罪で処罰されることはなくなりました。

当事務所では無実なのに逮捕された事件について,無実の罪で処罰されることがなよう様々な弁護活動を行ってきました。
逮捕された方,そのご家族の方は当事務所までご相談下さい。

 

Copyright(c) 2014 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.