現場に行くことの重要性

2017-04-14

 刑事事件について,警察が現場検証をするというのはよく聞く話です。弁護人も,同じように事件の現場に行くことはとても重要です。

 弁護士は,捜査の権限を持たないため,捜査機関がした捜査の結果を,証拠書類などの書面で把握します。警察官などがした現場検証(正確には,検証だけではなく,実況見分と呼んだりする捜査もあります)の結果も,証拠書類を通じて,弁護側も把握することができます。
 しかし,捜査機関が作成した証拠書類はあくまで書類に写真などがついているだけです。実際に写真で見るのと,現場を直接見るのとでは,臨場感や事件のイメージのしやすさが全く違います。そこで,弁護側も,事件の現場に行き,直接現場を見ることが非常に重要になります。
 事件のイメージがしやすくなる,写真とは異なる発見があるのはもちろん,現場で証拠などを独自に発見できることもあります。
 特に,事実関係を争う否認事件では,実際に事件の現場をイメージできるかが証人尋問で重要になったり,現場で発見した証拠が無罪の主張を導く場合があります。否認事件においては,事件の現場を見に行くことは,必須といっても良い弁護活動なのです。

Copyright(c) 2014 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.