疑いを認めない、争いたい。えん罪事件に強い弁護士

2015-03-04

当事務所は、疑われた事実を認めない、争いたい事件、つまりえん罪事件・否認事件の弁護に特に力を入れております。  

昨日のコラムでは、裁判になる前に不起訴を獲得する弁護活動の重要性についてお話ししました。有罪率99パーセント以上という現状で、検察官が起訴権限を独占している中では、不起訴を獲得するのがまず第一の目標になります。

しかし、否認事件であっても起訴されることは当然あります。
検察官が証拠の評価を見誤ることもありますし、誰かが嘘をついていて、それを検察官が見破れないことだってあります。
では、起訴されたからといって、有罪率が99パーセント以上だからといって、あきらめなければならないのでしょうか。もちろん、そんなことはありません。
えん罪事件で起訴された場合には、検察官の立証を徹底的に争い、無罪判決獲得に向けて戦うことになります。

当事務所は、有罪率99パーセント以上という現状の中でも、多数の無罪判決獲得実績があります。
無罪判決を獲得したことがない弁護士は、現在、当事務所にはいません。
無罪判決を獲得するためには、十分な法的知識と、個別具体的な事案において正しい方針・戦略を立てる力が必要です。そして何より、卓越した法廷技術が必要です。当事務所の弁護士は、冤罪事件に苦しむ一人でも多くの依頼人を救うため、無罪判決獲得のために戦う技術を、日々磨いています。

当事務所は、否認事件における質の高い弁護活動を、自信を持って提供します。
ご相談のある方は、まず、お気軽にお問い合わせください。

Copyright(c) 2014 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.