痴漢で逮捕されたら 前科がある場合の不起訴・釈放事例

2015-07-27

痴漢で逮捕された。過去にも痴漢で逮捕されて処罰された前科がある。
当事務所でも多くご相談を受け,弁護士として活動している事案です。
今日は,過去にも痴漢で処罰を受けた前科がある方について,当事務所の弁護士が活動し,不起訴処分となって釈放された事例についてご紹介致します。

事案は,電車内で女子高生に対して痴漢行為を行ったとして現行犯逮捕されたというものでした。
これまでにも2度痴漢で逮捕され,罰金刑を受けて処罰された前科がある方でした。
今回は3度目の痴漢で逮捕されたことから,罰金刑ではなく正式裁判を受けて懲役刑を受けることが見込まれる事案でした。
ご依頼者の方は自身が養っている家族がいて,正式裁判を受けることになって拘束が続いたりすれば,仕事を失う危険がありました。

弁護士の活動として,被害者の両親に会い,ご依頼者,及びその家族のお詫びの手紙を受け取ってもらい,謝罪につとめました。
被害者の両親からは被害弁償金の受け取りに応じてもらい,示談が成立しました。
その結果,ご依頼者は不起訴処分となって刑事罰までは科されず,釈放されて家族のもとに戻り仕事に復帰することができました。

当事務所では,前科があって逮捕された方の事件も,不起訴処分や早期釈放を目指して活動しております。
痴漢で逮捕された方,前科がある方,そのご家族の方は,当事務所までご相談下さい。

 

Copyright(c) 2014 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.