痴漢冤罪で逮捕されたら 不起訴・早期釈放の弁護活動

2015-11-17

痴漢の冤罪で逮捕されてしまった。
東京ディフェンダー法律事務所では,特に,こうした冤罪で無実の方が処罰されることのないよう,様々な弁護活動を行っています。
今日は,当事務所の弁護士がご相談を受けて活動し,早期に釈放され不起訴になって冤罪での処罰を免れた事例についてご紹介致します。

電車内で痴漢を行ったとして現行犯逮捕されたという事案でした。
混雑した電車内で意図せず手が当たるなどしたことが,痴漢をしたと誤解されてしまったものでした。

逮捕の後,検察官は,さらに勾留という10日間の拘束をして取調べなどの捜査をすることを求めました。
ご依頼を受け弁護士からは,裁判所に対して,無実であること,10日間の拘束で仕事を失うなどの危険があって不利益が大きいことなどを資料とともに主張しました。
その結果,勾留されずに釈放され,仕事と家族のもとに戻ることができました。

その後も取調べに対して,追及されても事実や記憶と異なる内容を認めてしまわないよう,弁護士から取調べの対応を助言しました。
その結果,不起訴処分となって,痴漢の冤罪で処罰されることはなくなりました。

東京ディフェンダー法律事務所では,痴漢冤罪をはじめ無実の方が処罰されることが決してないよう様々な弁護活動を行っています。
無実の罪で逮捕されてしまった方,そのご家族の方は当事務所までご相談下さい。

Copyright(c) 2014 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.