研修と刑事弁護活動

2018-05-31

 当事務所の藤原弁護士と山本弁護士が、東京弁護士会で、法廷弁護技術の研修の講師を務めました。
 法廷弁護技術研修は、受講生が、実際の法廷さながらに弁護活動の実演を行い、それに対して講師がコメントをして、法廷弁護の技術を磨いていくという形式の研修です。
 さて、当事務所のコラムでは、これまでも多数の研修での講師活動について記載してきましたが、研修の重要性をお話ししたいと思います。
 刑事事件を中心に取り扱う弁護士は、確かにたくさんの事件を経験します。事件の経験が弁護士を育てる、という面もあります。ただ、事件はあくまで1件1件の個別の事件であり、弁護の技術を学ぶという機会としては不十分なのが実情です。また、弁護士は他者の弁護活動を見たり、自分の弁護活動に対する他者の意見を聞いたりする機会が圧倒的に少なく、経験を積んでいっても、その技術は独善的なものになってしまいがちです。
 研修は、弁護技術を体系的に学び、自分の弁護活動を見直す機会としてとても役に立ちます。研修が実践的であればあるほど、それは弁護活動の質に直結します。多数の事件を扱うこともとても重要ですが、日ごろから事件をやるだけではなく自分自身の弁護活動を磨こうとしているかどうかが、弁護士の質を左右するのです。

Copyright(c) 2014 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.