福岡弁護士会で捜査弁護の研修

2017-10-13

 当事務所の坂根が福岡弁護士会からの依頼により,捜査弁護の研修をしてきました。
捜査弁護は刑事弁護で最も重要な活動と言ってもよいものです。
 逮捕されても,起訴猶予となったり,嫌疑なし・嫌疑不十分により不起訴となることは決して珍しくありません。
 起訴されてしまえば,刑事裁判を受けることになりますが,認めるにしろ争うにしろ,刑事裁判それ自体が過大な負担な上,有罪となれば受ける不利益も大きくなります。
 そのため,捜査段階で起訴させないための弁護活動が重要になってきます。

 また,仮に起訴される場合においても,将来の後半を見据えた弁護活動をしておかなければ取り返しのつかない事態にもなってしまいます。

 現在は,一定の重大な罪についてのみ被疑者国選という国選弁護制度があります(逮捕され勾留された段階で,国選の弁護人を選任することができる制度です)。
 これが,来年の6月には身体拘束の全事件に拡大されます。
 そのことから,捜査弁護を担当する機会も増えますので,各弁護士会でも捜査弁護の研修に力を入れているのです。

 研修では,捜査弁護の中でも特に大事な,接見技術と取調べへのアドバイスを中心に行いました。

 多くの弁護士に参加していただきました。
 捜査弁護の技術もまだまだ発展途上にありますので,これからも研究を続けていくつもりです。
  
 

Copyright(c) 2014 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.