突然、逮捕されたら

2016-05-22

「ある日、突然、身に覚えのないことで逮捕された」

誰にでも起こりうることです。
わたしたちは、「逮捕された」という報道を見聞きすると、「きっと犯人なのだろう」と思いがちです。
しかし、実際には、犯人であるという証拠もないままに逮捕されることはあります。
たとえば、「犯人に似ている」という目撃者の曖昧な記憶に頼って逮捕されることもあります。
そういう事件は、最終的には起訴されずに釈放されることもあります。
裁判の結果、無罪になることもあります。
そして、裁判の結果、有罪となることもあります。

逮捕される前に、警察による任意での取調べが行われる場合もありますが、ある朝突然自宅に警察官が来て逮捕された・・・ということもあります。

弁護士をしていると、友人や知人から、「逮捕されたらどうすればよいか」と雑談で聞かれることがあります。
そういうときは、以下のようなお話をしています。

① すぐに弁護士を呼ぶ
② 弁護士が来るまで警察には話をしない

ということです。
あやふやな記憶で話をしてしまうことは,後に取り返しのつかないことになりかねません。
どのような対応をすべきかは、事件の内容などによっても変わってきます。
刑事事件に強い弁護士を探してそのアドバイスを求めましょう。
身に覚えのないこと,犯人でないのにご家族が逮捕されてしまったら,東京ディフェンダー法律事務所までご相談下さい。

Copyright(c) 2014 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.