裁判員裁判 法廷弁護技術の研修講師を担当しました

2016-09-03

今週2日間にわたって,東京弁護士会刑事弁護委員会主催で裁判員裁判における法廷弁護技術の研修が,会員の弁護士向けに行われました。
当事務所から,藤原大吾弁護士,山本衛弁護士が研修の講師を担当しました。

まず,講師から証人尋問や最終弁論といった法廷での弁護活動における法廷技術についての講義を行いました。
裁判員裁判では,法廷での証拠調べが終わると,評議室で裁判官と裁判員が評議を行い,各人一票の評決で有罪無罪が決められます。
当然ながら,評議室での評議に弁護士は全く関与できません。
裁判員裁判で無罪判決を得るには,証拠や事実を深く検討して説得力のある説明をしなければならないこと,法律知識や裁判経験のない裁判員にも十分理解でき,裁判員の方々が弁護士の代わりに評議で議論ができるような説明をしなければならないことをお話ししました。

そして,模擬の事件の刑事証拠記録をもとに,受講生の方に,模擬の事件の弁護士として,実際に法廷での証人尋問や最終弁論などの実演を行ってもらいました。
講師から,実演に対して問題点,改善点を指摘するとともに,どのように尋問すればよかったか,どのような最終弁論をすればよかったかなど,実践的な法廷弁護技術の講評を行いました。

Copyright(c) 2014 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.