裁判員裁判で無罪獲得のための弁護活動 強盗致傷事件の模擬研修

2015-03-30

本日、当事務所の山本衛弁護士が、新潟県弁護士会で開催された法廷技術研修の講師を務めました。

この研修は、強盗致傷事件の模擬記録を利用し、無実を主張する依頼人のために有効な弁護活動は何かを研究する研修です。

受講生は、それぞれ、この模擬記録をもとに、実際の裁判を想定して裁判での証人尋問や弁論の実演を行います。
講師は、受講生の実演を見て、「もっとこうしたほうがいいのではないか」「ここはこう直すべきだ」というようなアドバイスを行います。
丸一日かかる大掛かりな研修ですが、裁判での弁護活動を実際に実演してその批評を行うという形式は、かなり実践的であり、自分の弁護活動を磨く貴重な機会になります。
そして、その技術は、裁判員裁判の法廷弁護において、非常に役に立つものです。

当事務所の弁護士は、裁判員裁判の発足以来、このような法廷での弁護技術を研究し、研鑽を積んできました。
現在は、全国各地で行われる法廷技術研修の講師などを務め、後進の育成に携わっております。

当事務所は、裁判員裁判での弁護活動・弁護技術に自信があります。
裁判員裁判の弁護は、当事務所までぜひご依頼ください。

Copyright(c) 2014 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.