裁判員裁判における法廷弁護技術 研修講師を担当

2016-10-28

今週,当事務所から藤原大吾弁護士,山本衛弁護士が東京弁護士会における研修の講師を担当しました。
司法修習生に対して,裁判員裁判における法廷技術の習得する研修で2日間に渡って行われたものです。

無実の人が裁判員裁判を受けることになった架空の事案について,受講生に,模擬の刑事記録を検討してもらいました。
そして,刑事裁判における冒頭陳述,主尋問,反対尋問,最終弁論といった法廷での弁護活動について,実際の裁判員裁判の法廷で行うように実演をしてもらいました。

受講生の実演に対して,どうすればよかったか,改善点や問題点を指摘し,講師からの講評や実演例を行いました。

Copyright(c) 2014 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.