通訳費用

2018-11-07

 日本語以外の言語を話す方が逮捕や起訴された場合などは,もちろん取調べや法廷に通訳人が立会い,捜査官や裁判官などが話すことが通訳されます。
取調べに立ち会う通訳は,警察官や検察官が選び,その費用ももちろん国が負担します。
 また,法廷に立ち会う法廷通訳人も裁判所が選任し,その費用は国が負担します。

 それでは,弁護人との接見に同行する通訳の費用はどうなるでしょうか。
 それは,国選の場合は国が負担しますが,私選弁護人を雇った場合は,通訳も弁護人が探し,その費用は依頼人(逮捕・起訴された人)本人が負担しなければなりません。
私選弁護人を雇った場合でも,法廷通訳は裁判所の選任なので費用を負担できなくても,通訳人は選任され立会いますが,弁護人との接見や家族とのやり取りなどは,全て自己負担する必要があります。
 
 通訳費用を自己負担する場合,事件によりますが,争いある事件などではトータル数十万円もかかることもあります。

 私選弁護人を雇う際には,通訳費用のことも考慮する必要があります。
 通訳費用については,国選でお願いする場合の費用に準じる場合が多いですが,通訳人との間の契約になるので,通訳人次第となります。

 国選の場合の通訳費用の基準は,日本司法支援センターが公開しています。
 https://www.houterasu.or.jp/housenmonka/kokusen/index.files/100767988.pdf
 
最初の30分が8000円で,以後10分超過ごとに1000円です。他に待機手当,交通費等もかかります。

Copyright(c) 2014 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.