逮捕されないまま捜査 今後が心配な方

2015-10-07

何らかの犯罪を犯したと疑われている場合でも、必ずしも逮捕されるわけではありません。

たとえば、

「薬物を使っているのではないかと疑われて尿を提出させられたけど、その後、警察から連絡がない・・・」
「トラブルになって暴力をふるってしまった。一通り取調べも受けたが、どうなるのかわからない・・・」

など、疑われたものの、裁判になるのかどうかも分からないまま数ヶ月、時間が経つことは珍しいことではありません。

逮捕されている事件と異なり、自宅などにいながら捜査を受ける場合は、時間の制限もないことから、
警察や検察も、進め方はゆっくりになる傾向にあります。

そのようなとき、捜査を受けている側としては、時間が経つほど、不安が募ることもあるかと思います。

ただ連絡を待ち続けるだけでなく、積極的に、弁護人を通じて、検察庁や警察署に連絡することで、ご自身が今、どのような状況か分かり、適切な対処ができることは少なくありません。
また、弁護士の経験に照らし、今後の見通しなどを推測してアドバイスができることもあります。相手のある事件では、示談をすることで、裁判にならずに済む場合もあります。

ご自身の置かれている状況を正確に理解するだけでも、安心できるということもあると思います。

何らかの犯罪をしたと疑われているけど、今後がどうなるか分からずご心配という方、
当事務所までお気軽にご相談ください。

Copyright(c) 2014 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.