防犯カメラの証拠としての意味

2017-06-17

 防犯カメラは,写った人物の行動を客観的に示すものとして,刑事裁判においてとても重要な証拠になり得ます。事件の犯人を捜査機関が見つけるときも,まず付近の防犯カメラの捜査をするというくらい,捜査機関も防犯カメラの証拠収集を重要視しています。

 ですが,防犯カメラが実際に刑事裁判に証拠として提出されたときには,その防犯カメラの映像がどのような意味をもつのかをきちんと考える必要があります。たとえば,防犯カメラに人を殴った犯人が映っていると思われる場合であっても,その犯人が本当に被告人なのかどうかは別途問題になります。防犯カメラといっても,必ずしも写った人物が被告人であることが明らかなほど鮮明でない場合が多く,単に被告人に似ている人であるにすぎない可能性があるからです。
 とくに,刑事裁判では,証拠を検討して,被告人が犯人であることが間違いないというところまで検察官が証拠によって証明しなければなりません。防犯カメラの映像だけでは,被告人が犯人であることが「間違いない」とまではいえない場合も多く,他の証拠による補強が必要になるケースも多いでしょう。捜査機関が,犯人であることの証明を防犯カメラの不鮮明な映像に頼った結果,誤った人を起訴してしまい,無罪判決を言い渡されるに至った例も,これまで数多くあります。
 現在では,防犯カメラの解像度や画像解析の技術も日に日に進んでいますが,防犯カメラに写った人物が誰であるかを見極める技術は,まだまだ発展東條といわざるをえません。

Copyright(c) 2014 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.