電車内の痴漢で逮捕されたら 早期釈放の弁護活動

2015-10-29

電車内の痴漢で逮捕された。仕事や家族の下に早く戻る必要がある。
東京ディフェンダー法律事務所でも多くご相談を受け,早期に釈放されるよう弁護士として活動しています。
今日は,当事務所の弁護士が活動し,早期に釈放された事例についてご紹介致します。

電車内で痴漢を行い,相手女性が被害を訴えられたことから逃げ出してしまい,逃げた先で他の人に取り押さえられて逮捕されたという事案でした。
ご依頼者は,過去にも痴漢行為で刑罰を受けた前科がありました。
逮捕後,検察官は,さらに10日間の拘束をして取調べ等の捜査をする必要があるとして勾留を求め,裁判官もこれを認めました。

このままでは,さらに10日間,仕事や家族の下に戻れない状況でした。
ご依頼者の方は,正社員として働いていて,このまま拘束が続けば仕事を失ってしまう危険がありました。
また,家には病気でご依頼者の世話が必要な家族の方がおられました。
弁護士からは,ご依頼者が仕事や家族の下に一日も早く戻る必要があるということを主張し,またこれを裏付ける資料を準備して勾留に対して不服を申し立てる準抗告という手続を行いました。

その結果,弁護士の主張が認められ,10日間の拘束を認めた裁判官の勾留は取り消されて,ご依頼者は,早期に仕事と家族の下に戻ることができました。

東京ディフェンダー法律事務所では,逮捕された方が早期に釈放され,仕事や家族の下に戻れるよう様々な弁護活動を行っています。
痴漢で逮捕された方やそのご家族の方は,当事務所の弁護士までご相談下さい。

Copyright(c) 2014 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.