┣弁護実績紹介

痴漢の否認事件での勾留請求却下事例

2017-10-10

 痴漢をしてないのに、痴漢をしたと疑われてしまった。 続きを読む…

執行猶予中の覚せい剤使用 一部執行猶予判決の弁護活動

2017-10-04

覚せい剤などの違法薬物の使用は依存性が高く,違反率が高い犯罪です。執行猶予中に覚せい剤などの使用を繰り返してしまい刑事裁判を受けることになった場合,実刑判決を覚悟しなければならないといえます。
続きを読む…

大麻所持で不起訴

2017-06-07

芸能人の方が大麻を所持していたという疑いで逮捕され、処分保留で釈放されたということが報道されています。 続きを読む…

強制わいせつ事件で無罪判決獲得

2017-03-13

 当事務所の山本衛弁護士が担当していた強制わいせつ事件で,無罪判決を獲得しました。 続きを読む…

危険ドラッグの所持 不起訴処分の弁護活動

2017-03-08

危険ドラッグを所持や使用した場合,医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(医薬品医療機器法(旧薬事法))という法律に違反するとして処罰される可能性があります。
続きを読む…

脅迫罪で逮捕 早期釈放の弁護活動

2017-03-05

お酒に酔って刑事事件を起こして逮捕されてしまう。 続きを読む…

窃盗で逮捕・勾留 準抗告が認められ早期釈放

2017-02-23

今週,当事務所の弁護士が弁護を担当した事件で,勾留に対する準抗告が認められ,ご依頼者の方が早期に釈放されました。 続きを読む…

強盗致傷事件で逮捕,起訴された 執行猶予判決の活動

2017-02-08

強盗事件でけがをさせた場合は強盗致傷の罪に問われ,法律で定められている刑は懲役6年以上から無期懲役刑と重い刑が定められています。
続きを読む…

多数のひったくり窃盗で逮捕 保釈・執行猶予の弁護活動

2017-01-24

ひったくり窃盗事件を起こして逮捕された。こうした窃盗事件について,余罪があればさらに逮捕,起訴されて裁判を受ける事件が考えられます。
続きを読む…

現住建造物等放火罪で逮捕起訴 執行猶予判決の弁護活動

2017-01-11

人が住んでいる建物を放火した場合,現住建造物等放火の罪に問われることになります。
続きを読む…

« 過去のコラム
Copyright(c) 2014 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.