弁護士紹介 

 

 所属弁護士     

■ 代表弁護士 坂根 真也     lawyer2
■ 弁護士 藤原 大吾     
■ 弁護士 山本 衛
■ 弁護士・公認不正検査士 久保 有希子

 

弁護士 -坂根 真也(さかね しんや)- 東京弁護士会所属 

学生のころより刑事弁護士を志し、司法試験合格後2004年10月に北千住パブリック法律事務所にて弁護士登録。

同事務所は、東京弁護士会が設立した都市型公設事務所で、刑事事件対応、都市部にいる貧困層への法律援助を主たる目的とした事務所でした。 

同事務所で刑事事件を中心に4年間の研鑽を積み、2008年10月に東京ディフェンダー法律事務所を設立しました。

2009年に裁判員裁判がはじまることから、刑事事件を専門とした事務所を設立し、特に重大事件、否認事件など困難な事件に取り組んできました。

私の理念は、事務所の理念でもある、弱きを助け強きをくじくことです。
当事務所は、いかなる立場の人からの依頼でも、依頼人の利益のために、全力を尽くします。

■ 略 歴
2002年10月 司法試験合格 (第57期司法修習生)
2003年  3月 上智大学 卒業
2004年10月 弁護士登録(北千住パブリック法律事務所入所)
2008年10月 東京ディフェンダー法律事務所 設立

■ 弁護士会活動
・ 日本弁護士連合会

   裁判員本部
   刑事弁護センター 

・ 東京弁護士会
   刑事弁護委員会副委員長
   裁判員制度センター  等

■ 著 書
「刑事弁護ビギナーズ(初版)」 (共著) 現代人文社 2008年
「新版 刑事弁護」(共著) 現代人文社 2009年
「裁判員裁判 刑事弁護マニュアル 」(共著) 第一法規 2009年
「裁判員裁判における弁護活動―その思想と戦略」(共著)日本評論社 2009年
「公判前整理手続を活かす(第2版)」(共著) 現代人文社 2011年
「実務体系 現代の刑事弁護 第2巻」(共著) 第一法規 2013年
「痴漢に間違われたらこうなります! 」(監修) 自由国民社 2014年

 

弁護士  -藤原 大吾(ふじわら だいご)- 東京弁護士会所属

逮捕され、刑事裁判を受けるという弱い立場にあるからこそ
人権が守られるよう尽力します。

弁護士 藤原 大吾

九州の佐賀県で生まれました。田舎で育ち、子供の頃は外で野球やサッカーをして遊びました。

地元の中学、高校を経て、大学は法律に関心があって法学部に進学しました。在学中は法律の中でも、刑法の考え方や論理性に関心がありました。

また、憲法、刑事訴訟法において、人権がいかに保障され守られるべきかについて関心があり、知識、考え方、理論を学びました。

司法試験に合格し弁護士として登録した後、東京弁護士会の支援、協力を受けて設立された公設事務所である北千住パブリック法律事務所に入所しました。同事務所は、刑事事件に対応することを柱の1つとしており、様々な刑事事件を担当して活動し、研鑽を積みました。

実際に、弁護士として刑事事件を担当し、逮捕された方が手錠と腰縄をかけられ、何人も縄で繋がれ列になって護送車に乗せられる姿を見て衝撃を受けました。

法律の知識として学んだ逮捕、勾留という身体拘束の手続が、現実に逮捕された方やそのご家族にとって、どれだけ苦しく不安で切実なものか思い知りました。

また、様々な刑事事件を担当するなかで、同じ立場や同じ境遇、同じ状況に置かれたら、自分であれば事件を起こさないといえるであろうかと、その度に思いました。
共感できない、同情の余地がないという事件はないと感じています。

冤罪で処罰されることは決して許されない、一刻も早くご家族の下や社会に戻れるようしなければらない、逮捕される、刑事裁判を受けるという弱い立場にあるからこそ人権が十分に守られなければならないという思いで、活動してきました。

逮捕されていた方が、ご家族の下に戻ること、
「先生に頼んでよかった。」
「先生には本当によくやってもらった。」
などと、言って頂くのが励みとなっています。

2009年(平成21年)5月より裁判員裁判が実施されることになりました。
刑事事件はより一層専門化され、高度な能力、技術が求められます。

こうした刑事事件に対応し逮捕された方、刑事裁判を受けることになった方の人権が十分に守ることが出来るよう、2008年(平成20年)10月、刑事事件を専門的に扱う事務所として東京ディフェンダー法律事務所を設立しました。あらゆる刑事事件について弁護士として活動し、裁判員裁判も15件以上を担当してきました。

一般市民の方である裁判員にも分かりやすいよう、主張をどう整理すべきか、どのような言葉でどのように説明すべきか、事案、証拠の分析とプレゼンテーションの方法に心を砕き、研鑽を積んでまいりました。

あらゆる刑事事件について、逮捕された、刑事裁判を受けるという弱い立場にあるからこそ人権が十分に守られるよう、全力を尽くします。

■ 略 歴
 1998年 4月 東京大学 入学
 2002年 10月 司法試験合格 (第57期司法修習生)
 2003年 3月 東京大学 卒業
 2004年 10月 弁護士登録
 2006年 2月 北千住パブリック法律事務所 入所
 2008年 10月 東京ディフェンダー法律事務所 設立

■ 著 書
「刑事弁護ビギナーズ(初版)」(現代人文社・共著)
「被告人の事情/弁護人の主張 ― 裁判員になるあなたへ」(法律文化社・共著)

 

弁護士 ―山本 衛(やまもと まもる)― 東京弁護士会所属

「弁護士は、「Hired Gun」(雇われたガンマン)である」
大学院の恩師に教えられた言葉です。
この言葉のとおり、弱き立場に置かれた依頼人の武器となり、
依頼人の利益追求のために、全力を尽くします。

弁護士 山本 衛

私は山梨県で生まれ育ちました。学生のころから、専門的な知識を人のために生かす仕事がしたいと考えていました。大学では法律を学び、弱い立場の人の力になりたいという思いから、弁護士を志しました。

大学院のゼミで刑事法を学び、これを通じて、罪を犯したと疑われた人がいかに弱い立場に立たされているか知りました。警察や検察といった国家権力が、いかに強い立場で、一般市民に対して権力を行使しているかを知りました。日本で冤罪が生まれていることに衝撃を受けました。そして、罪を犯したと疑われた人が、社会から孤立し、誰にも味方がいないような立場になってしまう悲しみを知りました。

罪を犯したと疑われた弱い立場の人の助けになりたいという思いを強く持ちました。公平な裁判のためには、罪を犯したと疑われた人を徹底して弁護する援助者が必要です。冤罪を生まないためには、誰を敵に回してもご依頼人の利益を守るという気概が必要です。私は、このような考えのもとで徹底した弁護活動を展開する当事務所に、入所しました。

入所以来、数々の刑事事件を担当してきました。数百円の万引き事件から、殺人などの重大事件まで、事件をえり好みせず、幅広く担当してきました。

私が刑事事件の弁護をするにあたって心掛けていることが二つあります。

一つは、ご依頼人の話をよく聞くということです。逮捕されたご依頼人はとても孤独な思いをします。毎日警察から取調べを受け、誰も自分の主張を聞いてくれない状況になります。ご依頼人の味方として、ご依頼人の話を聞けるのは弁護人だけです。話をよく聞き、安心してもらえるようにするとともに、得られた情報を駆使して充実した弁護活動を提供します。

もう一つは、逆境に負けないということです。刑事事件は、逆境に立たされることの多い分野です。起こしてしまった重大事件の責任を問われたり、あらぬ疑いをかけられたりという場面では、しばしば困難に直面します。このような逆境に負けていては、刑事弁護は務まりません。原動力は、大学時代の体育会テニス部で培った根性です。逆境を跳ね返し、ご依頼人のために全力を尽くします。

こうした弁護活動が実り、ご依頼人の疑いが晴れたり、拘束から解放されて釈放されたりしたときには、これ以上ない喜びとやりがいを感じます。「山本弁護士だから信頼できた」というような言葉もかけていただき、日々の原動力となっています。

今後も、弱い立場におかれたご依頼人に寄り添い、徹底的にご依頼人の利益を追求することをモットーに、一つ一つの事件に全力を尽くす所存です。

■ 略 歴
2004年 4月 一橋大学 入学
2008年 3月 一橋大学 卒業
2008年 4月 一橋大学法科大学院 入学
2010年 3月 一橋大学法科大学院 卒業
2010年 9月 司法試験合格 (第64期司法修習生)
2011年12月 弁護士登録
2012年 1月 東京ディフェンダー法律事務所 入所

■ ブログ
「弁護士 山本衛のブログ」
自分自身の弁護士活動を題材に,日記的なものから刑事司法の問題点まで,雑多に綴ります。

 

弁護士・公認不正検査士 ―久保 有希子(くぼ ゆきこ)―第二東京弁護士会所属

久保 有希子兵庫県の緑でいっぱいの町で生まれ育ち、地元の公立中学・公立高校に進学しました。
大学生・修習生の間は大阪で過ごし、弁護士登録の際、縁あって東京に来ることになりました。
私が弁護士を目指したきっかけは、小学生の頃、テレビを見て「弁護士のように困った人の力になりたい」「誤って逮捕されるようなことがあってはならない」と感じたことでした。

弁護士としての最初の生活は、会社法務を中心とする事務所で始まりました。
会社の問題に携わりつつ、刑事事件などの個人の方のご依頼も受ける中で、より依頼者の皆様のそばで力になりたいという思いを強くし、独立をしました。
以降、刑事事件の弁護活動に大きな比重を置き、裁判員裁判も含め、いろんな事件で疑われた人の弁護活動を行ってきました。

「えん罪」が許されないことは言うまでもありません。
これまでも、やっていないことで疑われた人のために全力で活動し、無事釈放される等してきました。
そのようなとき、依頼者の皆様やそのご家族・ご友人の笑顔を見ると、本当に嬉しく思いますし、大きなやりがいを感じます。
しかし、「えん罪」の場合だけでなく、実際に事件を起こしてしまったという場合でも、それぞれの事情があります。
事件に大きいも小さいものもありません。
たとえば万引き1回で人生が大きく変わってしまうこともあります。
公平な刑事手続、公平な裁判のためには、弁護人として、依頼者の皆様の様々な側面にスポットライトをあてることも大切な役割だと感じています。
また、会社での問題や、借金・ご家庭内での問題などが事件の原因となることも少なくありません。
私は会社からのご相談やご家庭内でのトラブル、知人間でのトラブル等、幅広くご相談を承ってまいりました。
その経験を活かし、様々な角度から皆様のお役に立てればと思います。
刑事・民事問わず、「弁護士に相談する」という場面は、その方にとって人生の中でももっともつらい局面に立たされていることも多いと思います。
そのようなときに「ほっとした」「ありがとう」等と笑顔で言っていただくことが私の最大の原動力となっています。
これからも、すべての依頼人の皆様に最善の弁護活動を提供すべく、全力を尽くします。

■略歴
2001年 4月  大阪大学 入学
2005年 1月  行政書士試験合格
2005年 3月  大阪大学 卒業
2005年 4月  大阪大学大学院 入学
2005年11月  司法試験合格(第60期司法修習生)
2007年 9月  弁護士登録(長島・大野・常松法律事務所入所)
2010年 1月  高輪共同法律事務所 設立
2015年 4月  東京ディフェンダー法律事務所 入所

■弁護士会活動等
・日本弁護士連合会
  刑事弁護センター幹事
・第一東京弁護士会
  刑事弁護委員会副委員長(~2015年3月)
  法教育委員会
・第二東京弁護士会
  裁判員センター副委員長
  刑事弁護委員会
  法教育委員会
・中小企業家同友会支部幹事

■著書
「震災の法律相談」(共著)学陽書房 2011年
「裁判員裁判の量刑」(共著)現代人文社 2012年
「刑事弁護ビギナーズ Ver.2」(共著)現代人文社 2014年

■ブログ
「弁護士ゆきこの事件簿」
刑事弁護から、家庭や会社の問題、日常まで、雑多に書き記します。

 

お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2014 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.