事件別:強姦・準強姦

 

【強姦・準強姦の事件のポイント】

① 損害賠償が重要で、裁判になる前に告訴が取りさげられれば処罰されない
② 13歳未満の児童の場合、合意があっても罪が成立する

 

-強姦・準強姦として罪が問われる場合は-

強姦の罪

相手の合意なく性行為した、いわゆるレイプをした場合は、強姦の罪に問われることになります。相手が13歳未満の子供の場合は、相手の合意があっても強姦の罪に問われます。

刑法177条
暴行又は脅迫を用いて十三歳以上の女子を姦淫した者は、強姦の罪とし、三年以上の有期懲役に処する。十三歳未満の女子を姦淫した者も、同様とする。

 

準強姦の罪

また、相手がお酒に酔って意識を失ったり抵抗できない状態であったりする中で性行為を行った場合、準強姦として強姦と同様に罪に問われます。

刑法第178条
第2項 女子の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、姦淫した者は、前条の例による。

 

裁判に告訴が必要

強姦・準強姦の罪は、被害にあった相手の告訴がなければ刑事裁判を行うことができません。このため、被害弁償や示談を行うなどした上で、起訴されるまで(裁判になる前まで)に相手の告訴が取り下げられれば、裁判にはならず処罰されないことになります。

 

強姦致傷の罪

性行為の際に相手にけがをさせた場合、より重い強姦致傷の罪に問われます。
強姦致傷の罪は、裁判員裁判対象の事件です。
裁判になった場合は、裁判官と裁判員が審理を行い判決を行うことになります。

また、強姦致傷の罪は、強姦・準強姦の罪とは異なり、刑事裁判を行うのに告訴は不要です。

刑法第1181条
第2項 第百七十七条若しくは第百七十八条第二項の罪又はこれらの罪の未遂罪を犯し、よって女子を死傷させた者は、無期又は五年以上の懲役に処する。

 

-処分・処罰の見通しは?-

強姦・準強姦の罪について、逮捕され、さらに最大20日間の拘束(勾留という手続です)されて取調べなどの捜査を受ける可能性が高いです。

これに対して、起訴されるまでに相手と示談して告訴が取り下げられれば、裁判を受けることはなくなりますので、検察官が告訴取り下げを相手から確認でき次第、釈放されるのが通常です。

起訴されて裁判を受ける場合、有罪となれば前科がなくても実刑判決が言い渡される可能性が高いです。

わいせつ性の高さや相手の年齢が低いなど被害の大きさなどにより、重い刑が言い渡されることになります。

 

-合意の上なのにレイプされたと訴えられた場合-

合意の上での性行為だったのに相手から、レイプされた、合意の上ではなかったとして、強姦の被害を訴えられた場合はどう対応すべきでしょうか。

相手女性の被害申告が虚偽であるとするのは簡単とはいえません。
しかし、事件前後の行動などから、合意を裏付ける事情が発見できることは少なくありません。このような、無実を明らかにする証拠があるかがポイントになります。

性行為する前までに、一緒にお店によって買い物をしている、性行為後も連絡先を交換したり、連絡のやりとりがあったり、帰りを送ったりして一緒に行動したりなど、合意があったことを推認させる事情がないかを押さえ、そうした事情を裏付ける証拠を速やかに集めることが極めて重要です。

 

-弁護士を選任するメリットは?-

告訴の取り下げで処罰されなくなるようにするためには、起訴される(裁判を受けることになる)前までに相手と交渉し、被害弁償や示談をしなければなりません。そして、被害者側に対する被害弁償や示談交渉は、通常は弁護士を通じてしか行えません。

また、相手女性の虚偽申告などで無実の罪を問われる場合は、合意があったなどの無実である事情を押さえ、その証拠を速やかに収集することが極めて重要です。

罪を認める場合もそうでない場合も、弁護士がご本人のために活動することが有利な処分を得るためには不可欠です。

そして、時間が勝負になります。

できるだけ早く、弁護士にご相談し、弁護を依頼することをおすすめ致します。強姦・準強姦の罪に問われた方、当事務所までご相談ください。

取扱事例 -強姦事件での無罪獲得例-

■ 事案
12歳の女子児童と性交渉したとして強姦罪で起訴された事案。
相手とは合意の上でした。この点,13歳以上の女子の場合,合意があれば強姦にはなりませんが,13歳未満の女子が相手の場合は,合意があっても強姦罪に問われます。

■ 活動/処分
女子児童からは高校生と聞かされており,強姦罪の成立を争いました。
検察官に証拠の開示を求め,パソコンに残されたデータ等から客観的にも高校生と聞かされていたことが明らかになりました。
判決でも12歳と知っていたとは認められず,強姦罪は無罪となりました。

 

お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2014 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.