ひったくりは何罪か

2018-08-17

 ひったくりという言葉を耳にすることがあると思います。
 路上などで、通行人のバッグなどをすれ違いざまに取ってしまう犯罪行為です。 
 これは刑法上何罪にあたるでしょうか。
答えは,窃盗の場合もありますし,強盗致傷になる場合もあります。

 窃盗は,他人のものを盗む犯罪です。
 強盗致傷は,暴行を加えてものを取り,怪我をさせる犯罪です。

 ひったくりは一般的には直接的な暴行を加えてないので,窃盗で処理されることが多いですが,取ろうとした際に被疑者が抵抗し,なおも引っ張るなどして奪い取り、被害者が転倒するなどして怪我をしてしまうと,強盗致傷になってしまうことがあります。
 
 強盗致傷罪は懲役6年以上から無期懲役まであるとても重い犯罪です。

 強盗致傷が成立する場合は,ものを取るための暴行だけでなく,取ったものを奪い返されるのを防ぐための暴行や捕まえられるのを防ぐための暴行も含まれます(事後強盗)。

 実際には,強盗致傷が成立しうる行為でも,怪我が軽微であったり示談が成立した場合など,強盗致傷で逮捕されたものの窃盗(+傷害)などの軽い罪で起訴されるケースもあります。

 

Copyright(c) 2018 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.