元検察官ができること、とは

2019-04-03

「元検察官の弁護士なら、不起訴になりやすいのでは」と考える方がいらっしゃいます。

たとえば、現役の検察官にコネがあるのではないか、不起訴になるための方法をよく知っているんじゃないかという想像をされるのだと思います。

しかし、残念ながら、そのような事実はありません。
検察庁は、担当の弁護人が元検察官だからといって、処分を決める際に考慮することはありません。

むしろ、元検察官の弁護人の中には、しばしば「取調べではしっかり話すべきだ」「黙秘はすべきではない」「調書には署名すべきだ」と考える方が少なくありません。
特に、否認事件において、そのような視点で弁護活動を行うことは非常に危険です。

弁護士を選ぶ際には,元検察官かどうかではなくて,刑事弁護の活動を適切に行うことができる弁護人か、という点で選ぶようにしましょう。

Copyright(c) 2018 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.