尋問する証人と会うことの重要性

刑事事件の裁判では,証人の尋問がよく行われます。

証人の尋問では,検察官や弁護士が,法廷で証人に質問をして,事件について答えてもらいます。そして,証人が話したことが,そのまま証拠となります。

 

弁護士は,裁判官に事件の真相を伝えるために,証人の話を正確に知ってもらう必要があります。

そこで,弁護士は,証人が,事件について何を知っていて,どんな答えをしてくれるのか,よく理解することが必要です。

 

ですが,弁護士は,依頼者である被告人の話を聞いているだけでは,証人のことを理解しきることはできません。

 

証人が覚えていること,事件に対して思ったことは,証人自身しかわかりません。

また,証人が自分の経験や思ったことを,どんな言い回しで答えてくれるのかは,証人と直接話さなければわかりません。

証人の雰囲気や,印象も,時には重要な情報になります。

 

証人と直接会って話を聞いてみることで,たくさんの情報を得ることができます。

得た情報を駆使することで,真に伝えたいことを,裁判官に伝えることができます。

 

正しく伝える尋問のために,事前に証人に会ってみることが,とても重要です。

 

 

お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0356147690電話番号リンク 問い合わせバナー