東京弁護士会で裁判員裁判の研修講師を務めました

2019-12-11

 本日,当事務所の山本弁護士が,東京弁護士会で裁判員裁判の研修講師を務めました。東京弁護士会では,裁判員裁判の国選弁護を担当するにあたって,2つの研修の受講を義務化しています。一つは,法廷弁護技術研修。もう一つは,公判前整理手続・捜査弁護などの研修です。今日は,後者の研修がありました。
 裁判員裁判では,捜査弁護でも通常事件とは少し異なった考慮が必要になりますし,公判前整理手続は必ず実施されるので,公判前整理手続を有利に進める技術を持っていなければいけません。
 今日の研修は,裁判員裁判対象事件における捜査弁護と公判前整理手続を依頼人にとって有利に進めていくための基本をお話ししました。特に,ケースセオリー(弁護側の求める結論を導く理由)をきちんと準備し,それに基づいて一貫した弁護活動を行うことに重点を置いて説明しました。
 毎年東京弁護士会で行われている研修ではありますが,基本的な研修として引き続き当事務所の弁護士が主導的に行っていきたいと思います。

Copyright(c) 2018 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.