東京弁護士会の夏期合同研究

2019-07-17

弊所の藤原大吾弁護士と赤木竜太郎弁護士が,東京弁護士会が主催する夏期合同研究に,パネリストとして登壇しました

毎年実施されている,弁護士向けの研修企画です。今年は,裁判員裁判が導入されて10年を迎えたことから,裁判員制度導入以前と比べて変わった点や,現在の運用の問題点について議論するという企画でした。

取調べ録音録画の導入に伴う取調べ対応の変化や,公判前整理手続における証拠開示や予定主張の問題,法廷技術の重要性など,幅広いテーマを横断的に議論しました。制度の在り方を俯瞰的に見つめなおし,制度が抱える課題を整理する良い機会になったかと思います。

今後も,具体的な事件で実践を重ねながら,裁判員制度をより良いものにしていくため,研究・研鑽を重ねていきたいと思います。

Copyright(c) 2018 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.