法廷のITシステム

2018-02-23

 刑事裁判の法廷では,証拠調べが行われます。
 証拠には,証人尋問や書類もあれば,証拠物(凶器など)もあります。
 証人尋問などにおいては,それらの証拠書類や証拠物を使って尋問することがあります。
 
 その際,法廷にあるITシステムとして書画カメラというものがあります。書画カメラとはカメラに証拠物を写し,静止画像をモニターに写すことができる装置です。
 そしてそのモニターにタッチペンなどで書き込みをすることができます。
 この書き込みが出来るモニターは,事前にパソコンなどに取り込んだ画像などを写しだだし,そこに書き込む事も出来ます。

 ITシステムは全ての法廷に備え付けられているわけではなく,小さな法廷にはない場合があります。

 裁判員や裁判官は裁判が始まるまで証拠は一切見ていません。
 法廷に提出された証拠や,尋問での人の話で,判断しなければなりません。

 その際に,ビジュアルエイドとしての法廷ITシステムの利用は,分かりやすい尋問をするために必要不可欠です。

 これらの法廷ITシステムを効果的に利用することも弁護技術の1つといえるでしょう。

Copyright(c) 2018 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.