季刊刑事弁護89号に論文が掲載されました

2017-01-16

現代人文社「季刊刑事弁護」89号に、当事務所の山本衛弁護士、久保有希子弁護士が執筆した論文「性同一性障害者に対する不当処遇事例」が掲載されました。

季刊刑事弁護

同号は「セクシャルマイノリティの刑事弁護」を特集としています。

 「季刊刑事弁護」は、刑事弁護に関する最新の議論等について取り上げる雑誌です。 

セクシャルマイノリティの方が身体拘束をされた場合、拘置所等で適切な対応をうけられないことにより、精神的・身体的な問題を生じるばかりでなく、それが刑事裁判に影響することもあります。

当事務所は、依頼者の方が不当な処遇を受けている等の場合、徹底的に争います。

 

Copyright(c) 2014 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.