一橋大学法科大学院同窓会で講演しました

2019-06-11

赤木弁護士が,6月8日に実施された,一橋大学法科大学院の同窓会で講演をしました。

既に実務家として活躍されている卒業生や,現役の教員,元教員の方々が集まる会合です。今年のテーマは「刑事弁護」でした。一橋大学法科大学院でかつて教鞭をとられていた後藤昭先生が「刑事弁護の変化を見る」というテーマでご講演をされた他,赤木弁護士は「刑事弁護の最前線~何が変わり,何が求められているか~」というテーマの下,裁判員裁判制度に伴い大きく変化した刑事裁判において,現場の刑事弁護人にはどのような能力や工夫が求められているか,という点について講演しました

特に講演で取り上げたのは,①録音録画がなされている取調べにおいて弁護人が注意すべき点②証拠開示の制度をどのように最大限に活用すべきか③口頭での尋問技術や弁論技術が求められる裁判で,どのようにスキルを磨いていくかという点です。

同窓会の場では,弁護士だけでなく,現役の検察官の方とも意見交換をすることができました。今後も法科大学院で学ぶ後輩たちが刑事事件に興味を持ち,実務で活躍してくれるよう,尽力してまいりたいと思います。

Copyright(c) 2018 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.