児童文学『羊の告解』のご紹介

2019-03-05

弊所の久保有希子弁護士が取材協力させていただいた『羊の告解』(いとうみくさん著、静山社)が3月6日に発売されます。

同書は、加害者家族となった少年が主人公の児童文学です。

【告解】罪を告白し、神に許しを求めること――。
しかし、父が犯した罪は中学3年生の息子が思っていた以上に重かった。人を殺した父は、そしてその息子は、許されることを願ってもいいのだろうか……。ある日突然「加害者家族」となった少年の、再生とゆるしの物語。
(静山社ホームページ紹介文より)

刑事弁護に携わっていると、被疑者・被告人の立場になったご本人だけでなく、そのご家族と接する機会も多くなります。

突然、「加害者の家族」として見られるという立場に立った方は、しばしば、自分がやってしまったことのように(あるいはそれ以上に)苦しんでいらっしゃいます。

児童文学でありながら、とても考えさせられる、素晴らしい内容だと思います。
ぜひ小中学生の皆さんはもちろん大人の皆さんにもおすすめしたい本です。

Copyright(c) 2018 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.